こんにゃくセラミドの効果と摂取方法について

こんにゃくセラミドって?

乾燥肌の悩みといえば肌のカサカサ感、突然に現れる吹き出物、繰り返す肌トラブルなどですが、このような乾燥肌のトラブルを改善に導いてくれる「こんにゃくセラミド」というものが最近注目を集めつつあります。

こんにゃくセラミドという名前が付いているため、イメージとしてはこんにゃくを食べれば自然とセラミドを摂取できるんじゃないのかな?と思ってしまいがちですし、単純にこんにゃくを食べることでどうして乾燥肌が改善するのか?またどういうプロセスでこんにゃくセラミドが乾燥肌を改善に導くのか?という様々な疑問が浮かんでくることだと思います。

そこで今回はこんにゃくセラミドが乾燥肌に効果的とされる理由とこんにゃくセラミドの中身についてご紹介していきたいと思います。

こんにゃくセラミドとは

こんにゃくセラミドとは具体的にはこんにゃくの中に含まれている植物性グルコシルセラミドのことを言いますが、化粧品などに使用されている人型セラミドとは少し内容が異なっています。

主に含まれているのはこんにゃく芋、小麦、トウモロコシ、大豆などですが、こんにゃくの場合は小麦などに比べて7~16倍ものグルコシルセラミドが配合されているということで美容の面からも話題を集めているのです。

ではなぜグルコシルセラミドが美容面で注目されるのかと言いますと、実はグルコシルセラミドというのは人間の肌にも常に存在している成分なのです。

またセラミドがなければ人の肌はうるおいを保つことができないため、乾燥肌を改善するためにも必要不可欠なものなんですね。

セラミドが人の肌にもたらす効果は保湿機能を高めるだけではなくバリア機能を保持する役割もあります。

逆に言えばグルコシルセラミドが不足してしまうとセラミドがターンオーバーの際に生成されにくくなってしまい乾燥肌が深刻な状態になってしまう可能性があります。

また肌の中に存在するセラミドは大きく分けて7種類ありますが、その中のひとつであるセラミド1の基となっているのがグルコシルセラミドとも言われています。

セラミド1はセラミド本来の役割であるバリア機能の向上だけではなく、分離している細胞のすき間をなくして肌の刺激を軽減させる働きもあります。

セラミド1が不足している場合は角化症や魚鱗癬(ぎょりんせん)と呼ばれる皮膚疾患に悩まされるケースもありますし、アトピー性皮膚炎を患っておられる方は高い確率でセラミド1が不足している状態にあります。

こうしたトラブルを避けるためにもしっかりと基となるグルコシルセラミドを摂取しておく必要があるのです。

市販のこんにゃくでセラミドは摂取できる?

ではグルコシルセラミドを摂取するためにはスーパーなどでよく見かけるこんにゃくを大量に食べればそれでOKなのでしょうか?

実は市販のこんにゃくはこんにゃく芋を乾燥して粉末タイプにしたものとこんにゃく芋をすりおろしたものの2種類があります。

この2種類のうち、グルコシルセラミドがたくさん含まれているのはすりおろした生芋こんにゃくとなっており、約100gのこんにゃくの中に600ug含まれていると言われています。

とはいえ、毎日の献立にこんにゃくを取り入れるのはなかなか大変なことですから、食事だけでグルコシルセラミドを摂取するのは難しい部分も出てくるでしょう。

そんな時はグルコシルセラミドを高濃度配合したサプリメントを併用してうまくセラミドのバランスをコントロールするのがおすすめです。

グルコシルセラミドを使った化粧品の効果

化粧品で有名な成分といえばヒト型セラミドですが、植物性グルコシルセラミドも高濃度配合されている化粧品を使用すればお肌にうるおいを与える上では効果的です。

最近では浸透力を高めるためにセラミドをナノ化したものやグルコマンナンと呼ばれる浸透力の高いこんにゃく根を使用した化粧品も販売されています。

植物性セラミドといっても原料やアプローチもいろんなものがありますから、成分だけで判断せずにまずはご自身の肌に合っているものを選ぶことが大切です。

こんにゃくセラミドは植物由来なのでアレルギー反応を危惧される方も安心して使用できる成分となっていますから、効果と安心面の両方を重視してコスメを選ばれる際にもおすすめです。


関連記事

目元の乾燥ケアに最適な成分とは

最適なケア方法と成分は

目の周辺は他のパーツと比べて皮膚が薄いため、乾燥や外部刺激にも敏感に反応しやすいという性質があります。
刺激を受けるということはそれだけダメージを肌に与えてしまうということですから、当然のことながら様々なトラブルが発生する確率も高くなります。
では目の周辺に相応しい肌ケアにはどんなものがあるのか、以下に詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドの効果を高めるスキンケアのバランス

NMFと細胞間脂質の働きに偏りをなくす

乾燥や外部刺激から肌を守るために欠かすことのできないセラミド。それゆえにただセラミドをたっぷりとつけていればOK!という解釈をしてしまいがちですが、セラミドの効果を高めるためにはセラミドの補給率ばかりにこだわるのではなく、そのバランスにも目を向けていかなければなりません。

もっと詳しく

セラミドの保湿効果は期待できる?

セラミドの保湿効果について

化粧品に必ずと言っていいほど含まれている成分といえばコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの3種類ですが、そのうちのコラーゲンとヒアルロン酸においては成分の大きさから皮膚の内部まで到達するのは不可能だと言われています。

もっと詳しく

セラミドを使って大人ニキビを改善する方法

セラミドはニキビケアに有効である

思春期に女性を悩ませるニキビは一定の時期を過ぎると落ち着きを見せるようになりますが、大人になってから増えるニキビの場合はストレスや生活習慣が影響してホルモンバランスを乱していることが大きな理由となっています。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー