セラミドでニキビは改善する?

セラミドはニキビに効果的?

乾燥肌や脂性肌などの肌トラブルに悩まされている女性にとってスキンケアというのは欠かせない存在ですよね。

特に誰もが一度は経験するニキビによる肌トラブルもスキンケアをすることで少しずつ改善していくことがありますが、思春期ニキビの場合はある程度の年齢が落ち着くまで治まることがないので、どうしても外側からのケアでは限界があるものです。

そんな多くの人を悩ませるニキビトラブルですが、セラミドをたくさん使用することでニキビは改善されていくのでしょうか?

セラミドの働き

まずセラミドが肌の内部でどういった働きをしているのかご説明していきましょう。

セラミドは肌の一番上に位置する角質層という場所に存在する成分で、角質細胞問脂質のひとつです。

角質細胞問脂質とは分離している細胞と細胞の隙間を埋める役割を担っており、その中でもセラミドは角質細胞問脂質の約半分を占める割合だと言われているので肌にとって非常に重要な成分なんです。

セラミドの主な活動は肌の中にある水分を閉じ込めてうるおいを保持すること、細胞のすき間をしっかりと埋めて外部からの刺激にも耐えられるようバリア機能を高めることにあります。

つまりセラミドは肌にうるおいを与えるだけではなく、肌本来の力を引き出すためにも必要な成分ということなのです。

ニキビが発生するメカニズム

ではセラミドはニキビに対して効果的なアプローチをしてくれる成分なのでしょうか。

結論から言えばセラミドはニキビに対して効果的な成分だと言えます。

ただしそれは現在発生しているニキビを治すという意味ではなく、ニキビが発生しないような肌を作る、という形に近いかもしれません。

ニキビが発生する基本的な原因は毛穴の詰まりです。

毛穴の詰まりが起こる原因は色々と考えられますが、10代特有の思春期ニキビだけではなく、例えばストレス、不規則な生活、食生活の乱れ、睡眠不足、ビタミン不足、紫外線などなど、色々な理由によって発生すると考えられます。

また、間違ったメイク法や肌に合わない化粧品を使用し続けているとそれが毛穴の詰まりの原因となってニキビに繋がることもあります。

ニキビへのアプローチ方法

ニキビが発生する流れと原因については上記のとおりですが、これとセラミドがどういう形で結び付くのか、またセラミドを取り入れることでなぜニキビになりにくくなるのか、この点についてはセラミド不足による乾燥肌が大きく関係してきます。

本来ニキビになり易い肌といえば脂分の多い脂性肌や混合肌の方というイメージですが、実は乾燥肌でもニキビになることが明らかとなっています。

その理由は乾燥による過角化です。

過角化とはターンオーバーが乱れがちになって角質層が正常にサイクルで生まれ変わらなくなったり、バリア機能が低下してしまう症状を言いますが、こうなってしまうと毛穴に詰まっている皮脂が正常に流れなくなるので徐々に蓄積されていくことになります。すると最終的にはこの詰りがニキビとなって現れます。

セラミドが不足するとうるおいとバリア機能が低下して細菌などの侵入を許してしまうことになります。

するとターンオーバーも正常に行われなくなり、古い角質がいつまでも残った状態になるのです。

つまり古い角質を正常に洗い流してバリア機能を高めるためにはセラミドを積極的に取り入れることが最も効果的であり、ターンオーバーの乱れを改善することによってニキビも減少していくことになるのです。

セラミドが直接ニキビに働きかけるというわけではありませんが、セラミドを積極的に摂取したり塗布することは肌内部の防御システムをしっかりと作り上げて刺激から守る効果があるので、それが回りまわってニキビにも効果を与えてくれるのです。

現在あるニキビだけに目を向けるのではなく、肌内部のうるおいやバリ機能もしっかり支えるようなスキンケアを心掛けましょう。


関連記事

セラミドの歴史について

セラミドはまだ発展途上である

今となってはセラミドを使用した化粧品も当たり前のように販売されていますが、こういった化粧品の数々がもとから存在していたわけではありません。

もっと詳しく

夏は乾燥肌になりやすい!?セラミド入りの保湿が乾燥肌を防ぐ決め手!

夏特有の乾燥肌について

じっとり汗ばむ夏の季節に保湿ケアをする必要はないと感じている方も多いのではないでしょうか。

もっと詳しく

セラミドを増やす食材と減らす食材について

セラミドは体内において重要な役割を果たしている成分です。

肌のうるおいを保持することはもちろん、外からの刺激をしっかりとブロックしたり乾燥肌などのトラブルを防いだり、セラミドがなくなってしまうと肌は常に危険な状態に晒されていると言っても過言ではないでしょう。

もっと詳しく

人体と化粧品、それぞれに含まれているセラミドの種類について

セラミドと言えば化粧品で使用されているイメージを持たれている方も多いと思いますが、実はこのセラミドと呼ばれる成分は人体の中にも存在している自然の成分です。またセラミドというのは単体ではなく複数の種類から成り立っているため、微妙にそれぞれ特徴が異なっていたりするのです。ではセラミドにはどんな種類があるのでしょうか。今回は肌のうるおいに無くてはならないセラミドの種類と特徴についてご説明していきましょう。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー