セラミドの保湿効果は期待できる?

 

セラミドの保湿効果について

化粧品に必ずと言っていいほど含まれている成分といえばコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの3種類ですが、そのうちのコラーゲンとヒアルロン酸においては成分の大きさから皮膚の内部まで到達するのは不可能だと言われています。

しかしセラミドの場合は皮膚の一番表面にある層に存在する成分であるがゆえに肌に直接つけた時も浸透するという効果があります。

このセラミドならではの浸透力という点から見てもセラミドが含まている化粧水や美容液はうるおいや保湿に優れていると言ってもいいのですが、ではセラミド単体で使用した際の保湿力はどれほど期待できるものなのかご紹介していきたいと思います。

3タイプに分かれる保湿成分の働き

保湿に重点を置いた成分はシンプルに乾燥を防ぐという効果だけではなく、それぞれにアプローチ方法や特徴が異なっています。

セラミドももちろんそのひとつですが、具体的にほかの成分とどのように違うのかと言いますと、セラミドは基本的に水分を肌のすき間に挟み込んで水分を保持するというクッションのような役割をする成分なので、保湿のイメージとしてありがちなたくさんの水分を肌内部にとじ込める、うるおいで満たすという効果とは少し違うポジションにいます。

これとは逆にコラーゲンやヒアルロン酸の場合だと水分をたっぷりと抱えた状態で肌に密着するという形になるので、成分そのものが水分を含んだ状態で角質層に留まるようになります。

こちらの方が肌にうるおいを与える、水分で満たすというイメージに限りなく近いと思います。

また上記2種類のタイプどちらにも当てはまらない水分を吸収するタイプの成分もいます。

このタイプは角質細胞の中にあるNMF(天然保湿因子)と呼ばれるものがそれに当たりますが、特徴としては外部の水分を吸収して自己に取り込むことで水分量を増加させるというものです。

うるおいを増加させるという意味ではコラーゲンやヒアルロン酸と同じ働きがありますが、効果としてはやはりコラーゲンなどの方が圧倒的に期待できるので保湿力という点だけを重視するのであればコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶのがベストでしょう。

セラミド単体による保湿効果と持続時間

保湿効果と成分によるそれぞれの違いについては先述したとおりですが、ではセラミドの保湿効果はどれくらい期待できるのでしょうか。

例えばセラミド配合の化粧品を使用した場合、持続する時間は2~24時間だと言われています。

そのため、メイク前のお手入れとしてセラミド配合の化粧品を使用すると保湿効果だけではなく肌トラブルを防ぐ上でも期待できると言えるでしょう。

またセラミドによってしっかりと肌内部の角質層が構築されている状態であれば基本的に湿度の低い場所や暑い寒いなどの温度変化にも肌は耐えられると言われています。

というのも、角質層をしっかりと保護する働きをセラミドが行っている、外部からの刺激にも十分に耐えられるだけの角質層が出来上がっている場合はセラミドの保湿効果だけでも肌のうるおいを満たすことが可能なので余計な成分をプラスする必要もないのです。

つまり、セラミドは単体でも十分に保湿効果を期待できる成分であり、また内側と外側の両面からセラミドを取り入れるようにしていれば乾燥からも肌を守れる効果は十分に期待できると言っていいでしょう。


関連記事

セラミドの種類と違い

全体としては4つの種類があります。

セラミドには、非ヒト型セラミドとヒト型セラミドの大きく2つの種類があります。さらに、非ヒト型セラミドには動物セラミドと植物セラミドの2種類が、ヒト型セラミドには天然型ヒト型(合成セラミド)と天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)の2種類があります。

もっと詳しく

セラミドの歴史について

セラミドはまだ発展途上である

今となってはセラミドを使用した化粧品も当たり前のように販売されていますが、こういった化粧品の数々がもとから存在していたわけではありません。

もっと詳しく

セラミドサプリメントと化粧品ではどちらの方が効果的?

セラミドを補うためには化粧品を使って外側から取り入れる、というイメージばかりを思い浮かべている方もいらっしゃると思いますが、ここ最近ではセラミドのサプリメントも続々と開発されているので、肌に直接塗るだけじゃなく飲んで内側から補うというアプローチも可能となってきています。
しかしサプリメントでセラミドを摂取すると言っても本当に効果が期待できるのか、セラミドが必要な角質層までしっかりと浸透していくのか、少し疑問が残る点もありますよね。
そこで今回はサプリメントを使用したセラミドの摂取に注目して、その効果について詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー