セラミドの効果を高めるスキンケアのバランス

セラミドの効果をさらに高めるスキンケア方法

乾燥や外部刺激から肌を守るために欠かすことのできないセラミド。それゆえにただセラミドをたっぷりとつけていればOK!という解釈をしてしまいがちですが、セラミドの効果を高めるためにはセラミドの補給率ばかりにこだわるのではなく、そのバランスにも目を向けていかなければなりません。
というのも、角質層は水分補給を行うNMFと水分が外部に蒸発するのを防ぐ細胞間脂質との働きによってうまくコントコールされています。この双方の働きに偏りをなくすためにはバランスのとれたスキンケアを行うことが求められるということなんです。
では具体的にどういったスキンケアをすればいいのか、以下に解説していきたいと思います。

 

バリア機能を高めるためにはバランスがもっとも重要

角質層とは肌内部を守るためのブロック塀のようなもの。角質層が問題なく機能していればブロック塀が崩れることはりませんが、隙間ができたりバランスが崩れしてしまうとブロック塀に亀裂が走り一気に崩壊の一途を辿ることになります。
このブロック塀の強度を左右するのが細胞間脂質や水分といった成分です。
細胞間脂質や水分はブロック塀の隙間をなくすための機能を果たしており、このバランスがうまく調和されることによって外部刺激からも微動だにしないブロック塀を作ることができます。
例えば、水分が多すぎる場合だとブロック塀に水が染み込んで塀をぼろぼろにしてしまいます。
逆に細胞間脂質が多すぎるとブロック塀が固まりすぎてうまく癒着しません。
つまり、このふたつのバランスをうまく保つためには水分量の高いセラミドばかりの補充では効果がなく、セラミドとプラスして「水分・保湿・油分」の三拍子が必要となるのです。

 

水分量以外のポイントにも注目

スキンケアは「化粧水・乳液・クリーム」の三段階で流れで行うことが基本とされていますが、まさにその通りで、化粧水は水分を補給するために行うもの。乳液は保湿、そしてクリームは油分なんですね。
特にクレンジングや洗顔の後は肌が乾燥している状態なので水分をしっかりと補うためにまずは化粧水からつけるのが鉄則です。
その水分を蒸発させないために乳液を塗って外側から水分を閉じ込めます。
そして仕上げにセラミド配合のクリームを肌になじませれば保湿と油分の両方をプラスすることができるので、全体のバランスをうまく保ちつつスキンケアをすることができるというわけです。
乾燥肌やニキビを防ぐためにはどうしても水分の補充を行わなければいけないというイメージが先行してしまいがちですが、内側からのバリア機能を高めるためには保湿や油分も加えて全体の機能を底上げする必要があります。
水分量だけを高めても結果的にはバリア機能のバランスが崩れて損なわれることになりますので、スキンケアを行う際にはぜひ「水分・保湿・油分」のつ3のバランスに注目していただければと思います。


関連記事

セラミドはアトピー性皮膚炎にも効果的?

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われている昨今、子供だけに限らず大人もアレルギーに苦しんでいます。

アレルギーの代表と言えばやはり花粉症ですが、皮膚の場合だとアトピー性皮膚炎が昔から一般的に知られている病気ではないでしょうか。

もっと詳しく

パイナップルセラミドが持つ3つの効果

パイナップルセラミドって?

セラミドは体内で生成される天然の美容成分ですが、セラミドが年齢と共に少しずつ減少していくということはもはや周知の事実。

もっと詳しく

セラミドを皮膚科で処方してもらうことは可能?

皮膚科で処方されるのは極めて少ない

市販でよく見かけるセラミド配合の化粧品よりも皮膚科に行ってセラミド入りの薬をもらった方が効果的なのでは?という疑問を持っていらっしゃる方もおられますが、結論から言うとセラミドは保険適応外の成分となるので皮膚科に行っても処方されるケースは極めて少ないです。

もっと詳しく

セラミドでニキビは改善する?

セラミドはニキビに効果的?

乾燥肌や脂性肌などの肌トラブルに悩まされている女性にとってスキンケアというのは欠かせない存在ですよね。
特に誰もが一度は経験するニキビによる肌トラブルもスキンケアをすることで少しずつ改善していくことがありますが、思春期ニキビの場合はある程度の年齢が落ち着くまで治まることがないので、どうしても外側からのケアでは限界があるものです。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー