セラミドを使って大人ニキビを改善する方法

セラミドとニキビの関係性

思春期に女性を悩ませるニキビは一定の時期を過ぎると落ち着きを見せるようになりますが、大人になってから増えるニキビの場合はストレスや生活習慣が影響してホルモンバランスを乱していることが大きな理由となっています。
また女性の場合は月経前後にニキビが増えることもあるので、一概にスキンケアや生活習慣だけがニキビに影響を与えているとは言い切れないのも事実です。
そんな大人ニキビですが、実はセラミドによるケアで改善させる効果があるのをご存知でしょうか。
本来セラミドとは、角質層の細胞間を埋めるための働きを担っている成分であり、セラミドを導入することでふっくらうるおいのある肌をキープすることができます。
セラミドが不足すれば当然のことながら肌が乾燥してバリア機能が低下します。乾燥だけならばニキビ予防との関係性は見られないのですが、セラミドは肌のターンオーバーを正常化する機能も備わっているので、不足すると必然的に毛穴が詰まってニキビを発生させるメカニズムを作ってしまうことになります。
ニキビを治すためにはニキビが発生するメカニズムを作らないようにすることが第一条件であり、そのためにはセラミドを取り入れることが前提であるということになってくるのです。

 

ニキビを予防するためのケア方法

ニキビケアに最適な洗顔方法は肌に負担をかけない洗い方をすることはもちろんですが、毛穴の詰まりをしっかりと洗い流す意識を持つことも重要です。
一番おすすめなのはニキビ専用の洗顔やクレンジングを使用することですが、なければ固形の石鹸を使用しましょう。
固形の石鹸はクリームタイプや泡で出るタイプと比べて低刺激のものが多く、肌に優しい成分で作られているのでニキビの人も安心して使用することができます。
また洗顔前には蒸しタオルで1分程度顔を温めて毛穴を開かせてあげることがポイント。
毛穴が開いた状態でゆっくり優しく洗顔をするようにすれば中の詰まりもきちんと洗い流すことができます。
この時無理にゴシゴシと表面を擦る必要はありません。あくまでも優しく丁寧に洗い流すことを心掛けましょう。
洗顔後はセラミド入りの化粧品でしっかりと水分補給をしましょう。
先ほどもご説明したとおり、セラミドはニキビケアに有効とされている成分です。
化粧水はもちろん、乳液、美容クリームとセラミド配合のコスメを使用することによって角質層の乾きも改善することができますので、ぜひお試しください。


関連記事

こんにゃくセラミドの効果と摂取方法について

こんにゃくセラミドって?

乾燥肌の悩みといえば肌のカサカサ感、突然に現れる吹き出物、繰り返す肌トラブルなどですが、このような乾燥肌のトラブルを改善に導いてくれる「こんにゃくセラミド」というものが最近注目を集めつつあります。

もっと詳しく

セラミドはアトピー性皮膚炎にも効果的?

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われている昨今、子供だけに限らず大人もアレルギーに苦しんでいます。

アレルギーの代表と言えばやはり花粉症ですが、皮膚の場合だとアトピー性皮膚炎が昔から一般的に知られている病気ではないでしょうか。

もっと詳しく

セラミドとヒアルロン酸の違い

乾燥肌に効果的とされる代表的な成分といえばセラミドとヒアルロン酸ですが、この2種類の成分、実際のところどんな違いがあるのかあまりよくわからないという方は意外に多いのではないでしょうか?
どちらも化粧品に含まれる成分としては非常によく耳にする言葉ではありますが、実際のところどちらのほうが乾燥肌に効果があって優れた成分なのでしょうか。
今回はセラミドとヒアルロン酸の違いについて説明していきたいと思います。

もっと詳しく

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー