セラミドを皮膚科で処方してもらうことは可能?

皮膚科でセラミドの薬を処方してもらうことはできるのか?

市販でよく見かけるセラミド配合の化粧品よりも皮膚科に行ってセラミド入りの薬をもらった方が効果的なのでは?という疑問を持っていらっしゃる方もおられますが、結論から言うとセラミドは保険適応外の成分となるので皮膚科に行っても処方されるケースは極めて少ないです。
基本的に皮膚科で薬を処方してもらえる症状はアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏症、その他乾燥による肌荒れなどになりますが、これらの症状で受診しても処方される薬は以下のようなものに限られます。

  • ワセリン
  • 尿素軟膏
  • ヘパリン類似物質
  • アズノール軟膏

人間の体内で生成される安全な物質という意味で考えればセラミドやヒアルロン酸を処方することに問題はないように思われますが、病院では処方されることはほぼありません。
その理由は冒頭でもお伝えしたとおり、セラミドが保険適応外だからと考えられます。
その証拠に美容皮膚科、美容整形外科などに行けばごく当たり前のようにセラミド配合クリームが販売されています。しかしこれはそもそも美容皮膚科が保険適応外の治療が主であるため、保険の範囲内をベースに治療を行っている皮膚科とは根本的に処方される薬も治療方針も異なるのです。
皮膚科はあくまでも信頼できる実績があり、なおかつ保険が効く薬しか処方しないので、セラミドを求めるのであれば市販のものから購入するほか方法はないと言えるでしょう。

 

市販のセラミド化粧品を購入する際の注意点

市販の商品には必ずアレルギーテスト済みという表記がされていると思います。しかし皮膚科で処方される薬と比較するとやはり安全性の面では注意が必要となります。
ごく稀にではありますが、市販の商品を使用してアレルギー反応を引き起こす場合もありますし、刺激によって肌荒れを起こす可能性もゼロではありません。
セラミドは本来体内で生成される成分なので、それに類似するセラミド成分を外側から吸収してもアレルギー反応は起こりにくいと言われていますが、市販の化粧品で拒絶反応を示す多くの原因はセラミドそのものではなく、そこに一緒に含まれている不純物や化学物質が大きく影響していると考えられています。
なので、例え安全性の高いセラミドであったとしても添加物や化学物質には注意を向けて購入を検討した方がいいでしょう。


関連記事

セラミドを増やす食材と減らす食材について

セラミドは体内において重要な役割を果たしている成分です。

肌のうるおいを保持することはもちろん、外からの刺激をしっかりとブロックしたり乾燥肌などのトラブルを防いだり、セラミドがなくなってしまうと肌は常に危険な状態に晒されていると言っても過言ではないでしょう。

もっと詳しく

目元の乾燥ケアに最適な成分とは

最適なケア方法と成分は

目の周辺は他のパーツと比べて皮膚が薄いため、乾燥や外部刺激にも敏感に反応しやすいという性質があります。
刺激を受けるということはそれだけダメージを肌に与えてしまうということですから、当然のことながら様々なトラブルが発生する確率も高くなります。
では目の周辺に相応しい肌ケアにはどんなものがあるのか、以下に詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドとヒアルロン酸の違い

乾燥肌に効果的とされる代表的な成分といえばセラミドとヒアルロン酸ですが、この2種類の成分、実際のところどんな違いがあるのかあまりよくわからないという方は意外に多いのではないでしょうか?
どちらも化粧品に含まれる成分としては非常によく耳にする言葉ではありますが、実際のところどちらのほうが乾燥肌に効果があって優れた成分なのでしょうか。
今回はセラミドとヒアルロン酸の違いについて説明していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドは髪にもうるおいを与えるって本当?

セラミドを活用したヘアケアについて

肌のうるおい保持に欠かすことのできないセラミド。セラミドと言えば肌のバリア機能を高めたり、保湿を底上げする目的で使用されるイメージが強いですが、実はこのセラミドが髪のうるおいにも一役買っていることをご存知でしょうか?

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー