セラミドを皮膚科で処方してもらうことは可能?

皮膚科でセラミドの薬を処方してもらうことはできるのか?

市販でよく見かけるセラミド配合の化粧品よりも皮膚科に行ってセラミド入りの薬をもらった方が効果的なのでは?という疑問を持っていらっしゃる方もおられますが、結論から言うとセラミドは保険適応外の成分となるので皮膚科に行っても処方されるケースは極めて少ないです。
基本的に皮膚科で薬を処方してもらえる症状はアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏症、その他乾燥による肌荒れなどになりますが、これらの症状で受診しても処方される薬は以下のようなものに限られます。

  • ワセリン
  • 尿素軟膏
  • ヘパリン類似物質
  • アズノール軟膏

人間の体内で生成される安全な物質という意味で考えればセラミドやヒアルロン酸を処方することに問題はないように思われますが、病院では処方されることはほぼありません。
その理由は冒頭でもお伝えしたとおり、セラミドが保険適応外だからと考えられます。
その証拠に美容皮膚科、美容整形外科などに行けばごく当たり前のようにセラミド配合クリームが販売されています。しかしこれはそもそも美容皮膚科が保険適応外の治療が主であるため、保険の範囲内をベースに治療を行っている皮膚科とは根本的に処方される薬も治療方針も異なるのです。
皮膚科はあくまでも信頼できる実績があり、なおかつ保険が効く薬しか処方しないので、セラミドを求めるのであれば市販のものから購入するほか方法はないと言えるでしょう。

 

市販のセラミド化粧品を購入する際の注意点

市販の商品には必ずアレルギーテスト済みという表記がされていると思います。しかし皮膚科で処方される薬と比較するとやはり安全性の面では注意が必要となります。
ごく稀にではありますが、市販の商品を使用してアレルギー反応を引き起こす場合もありますし、刺激によって肌荒れを起こす可能性もゼロではありません。
セラミドは本来体内で生成される成分なので、それに類似するセラミド成分を外側から吸収してもアレルギー反応は起こりにくいと言われていますが、市販の化粧品で拒絶反応を示す多くの原因はセラミドそのものではなく、そこに一緒に含まれている不純物や化学物質が大きく影響していると考えられています。
なので、例え安全性の高いセラミドであったとしても添加物や化学物質には注意を向けて購入を検討した方がいいでしょう。


関連記事

セラミド配合美容液を上手に選ぶコツ

セラミド配合美容液の選び方

セラミド配合の化粧品と一言でいってもその種類は膨大な数にも及びますが、正しい選び方を認識することによってスキンケアの効果も向上するだけではなく、自分に合ったコスメをスムーズに選びやすくもなります。

もっと詳しく

セラミドの効果を高めるスキンケアのバランス

NMFと細胞間脂質の働きに偏りをなくす

乾燥や外部刺激から肌を守るために欠かすことのできないセラミド。それゆえにただセラミドをたっぷりとつけていればOK!という解釈をしてしまいがちですが、セラミドの効果を高めるためにはセラミドの補給率ばかりにこだわるのではなく、そのバランスにも目を向けていかなければなりません。

もっと詳しく

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

セラミドでニキビは改善する?

セラミドはニキビに効果的?

乾燥肌や脂性肌などの肌トラブルに悩まされている女性にとってスキンケアというのは欠かせない存在ですよね。
特に誰もが一度は経験するニキビによる肌トラブルもスキンケアをすることで少しずつ改善していくことがありますが、思春期ニキビの場合はある程度の年齢が落ち着くまで治まることがないので、どうしても外側からのケアでは限界があるものです。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー