セラミド配合美容液を上手に選ぶコツ

セラミド配合美容液の選び方

 

セラミド配合の化粧品と一言でいってもその種類は膨大な数にも及びますが、正しい選び方を認識することによってスキンケアの効果も向上するだけではなく、自分に合ったコスメをスムーズに選びやすくもなります。

化粧水、乳液、美容液といったようにそれぞれの化粧品の種類だけではなくセラミドの効果をより引き出してくれそうなコスメを選んでいくことも大切な要素です。

ではどんなポイントに気を付けて選んでいけばよいのでしょうか?

ここではセラミド入り美容液の正しい選び方についてご紹介していきます。

 

失敗しない美容液選びの3ポイント

 

美容液を選ぶポイントとして注目しておきたいのはセラミドの種類、配合量、テクスチャーといった部分からより効果的なものを絞っていくのが最もスムーズだと言えます。

美容液に含まれているセラミドは基本的に一種類だけではなく複数種類の中から商品によっていろいろなものが配合されているのでまずはその種類を把握する必要があります。

ポピュラーなものとしては人型セラミド、植物性セラミド、疑似セラミド、ミルクセラミドなどがありますが、保湿力という点で美容液を選ぶのであればヒト型セラミドが一番効果的であることは明白でしょう。

とはいえ、最近では植物性セラミドやミルクセラミドも効果が期待できる内容となってきていますし、人型セラミドと比べても安価で購入できるというメリットがありますから、効果と価格帯の両面からシックリくるものを選ぶのが一番でしょう。

次に配合量の点ですが、美容液の中には「セラミド配合」と記載されていてもそれが微量だったりするケースも少なくありません。

セラミドは比較的高価な成分となりますので、価格帯に比例して配合量も変わってくるものです。

セラミド入りという言葉だけを鵜呑みにせず、しっかりと配合量の記載も確認してから購入を検討するようにしましょう。

最後にテクスチャーの点ですが、基本的に美容液は自分好みのテクスチャーを購入して特に問題はないのですが、乾燥肌や肌トラブルに悩んでセラミド配合の美容液を使ってみたいという方は比較的硬めでとろみのあるテクスチャーを選んだ方がいいでしょう。

またヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分が複数配合されている美容液にすると肌荒れなどのトラブルも早期解決しやすいのでおススメですよ。


関連記事

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

目元の乾燥ケアに最適な成分とは

最適なケア方法と成分は

目の周辺は他のパーツと比べて皮膚が薄いため、乾燥や外部刺激にも敏感に反応しやすいという性質があります。
刺激を受けるということはそれだけダメージを肌に与えてしまうということですから、当然のことながら様々なトラブルが発生する確率も高くなります。
では目の周辺に相応しい肌ケアにはどんなものがあるのか、以下に詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

パイナップルセラミドが持つ3つの効果

パイナップルセラミドって?

セラミドは体内で生成される天然の美容成分ですが、セラミドが年齢と共に少しずつ減少していくということはもはや周知の事実。

もっと詳しく

夏は乾燥肌になりやすい!?セラミド入りの保湿が乾燥肌を防ぐ決め手!

夏特有の乾燥肌について

じっとり汗ばむ夏の季節に保湿ケアをする必要はないと感じている方も多いのではないでしょうか。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー