加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

肌にあるセラミドはだいたい20歳を過ぎた辺りから少しずつ減少して40歳になると約半分の量まで減少してしまいます。

また70歳前後になると約30%のセラミドしか生成されなくなってしまうため、バリア機能やうるおいなどを含めてバランスが崩れていくことが懸念されます。

では加齢とともに減少していくセラミドを少しでも蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。

今回はセラミドを減らさないようにするための生活習慣についてご紹介します。

正しい洗顔方法でセラミドを残す

加齢とともに減少していくセラミドを少しでも残しておくためにはあるポイントに注意する必要があります。

まず一つ目は洗顔方法です。

急いでいる時や脂分が気になる場合、どうしてもゴシゴシと擦るような洗顔方法で顔を洗ってしまいがちですが、こうした擦る行為というのはそもそも角質層を傷つけてセラミドを洗い流してしまう原因にもなります。

洗顔によって流されてしまったセラミドは就寝時などに修復を行って再生されるようになりますが、それでもやはりセラミドの絶対数が少なければ肌の再生力も弱まってしまいますから、洗顔時はぬるま湯で優しく洗い流すようにするのがベストです。

入浴時はぬるま湯がベスト

特に寒い時期は熱めのお湯にゆっくり浸かりたい気持ちになるものですが、高温のお湯に長く浸かり過ぎると角質層をふやかしてしまうので、できることなら39℃くらいのぬるま湯に浸かることをおすすめします。

また長時間シャワーを浴び続けたり湯船に浸かるのも角質層にとっていいことではないので、20分程度を目安に入浴するようにしましょう。

入浴後はすぐに水分をタオルでふき取って気になる部分を保湿するようにすると乾燥肌にもなりにくいです。

睡眠中は最もセラミドが生産されやすい時

睡眠中はセラミドが一番生産される時間帯であるのと同時にターンオーバーが繰り返されるタイミングでもあるので、深い睡眠をとれるように就寝前はリラックスした状態に整えておくようにしましょう。

就寝する2時間くらい前は基本的に食事は避ける、睡眠前は体温が下がるように水分を適度に含んだりする、また就寝の1時間前に入浴を済ませておくと熟睡できる効果があるのでおすすめです。

食事と運動はバランスよく

食生活は人間の身体を作る源ですから、毎日食べる物には気を使う必要があります。

忙しいとついつい外食したり惣菜に頼ったり、インスタントばかりに偏りがちですが、栄養バランスが偏ってしまうと当然のことながら体内に存在する成分も上手く生産されなくなります。

セラミドは人間の体内に元々存在する成分ですが、やはりセラミドが多く生産されるように食べ物も選ぶようにするなどの工夫は必要となってきます。

例えば生芋こんにゃく、小麦、大豆、牛乳、たまねぎ、トマト、にんじん、白菜など、セラミドを多く含む食材を中心にバランスよく摂取することで減少していくセラミドを補うことができます。

また角質層の天敵とも言える紫外線はしっかりとブロックするようにして角質層に刺激を与えないようにしておくのもポイント。

適度な運動で血行を促進するとさらにセラミドの生産をパワーアップさせてくれますから、食生活だけではなく運動や代謝なども適度に気を付けておくようにすると健康的で若々しい肌を保つことに繋がるでしょう。


関連記事

セラミドの種類と違い

全体としては4つの種類があります。

セラミドには、非ヒト型セラミドとヒト型セラミドの大きく2つの種類があります。さらに、非ヒト型セラミドには動物セラミドと植物セラミドの2種類が、ヒト型セラミドには天然型ヒト型(合成セラミド)と天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)の2種類があります。

もっと詳しく

こんにゃくセラミドの効果と摂取方法について

こんにゃくセラミドって?

乾燥肌の悩みといえば肌のカサカサ感、突然に現れる吹き出物、繰り返す肌トラブルなどですが、このような乾燥肌のトラブルを改善に導いてくれる「こんにゃくセラミド」というものが最近注目を集めつつあります。

もっと詳しく

目元の乾燥ケアに最適な成分とは

最適なケア方法と成分は

目の周辺は他のパーツと比べて皮膚が薄いため、乾燥や外部刺激にも敏感に反応しやすいという性質があります。
刺激を受けるということはそれだけダメージを肌に与えてしまうということですから、当然のことながら様々なトラブルが発生する確率も高くなります。
では目の周辺に相応しい肌ケアにはどんなものがあるのか、以下に詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドとヒアルロン酸の違い

乾燥肌に効果的とされる代表的な成分といえばセラミドとヒアルロン酸ですが、この2種類の成分、実際のところどんな違いがあるのかあまりよくわからないという方は意外に多いのではないでしょうか?
どちらも化粧品に含まれる成分としては非常によく耳にする言葉ではありますが、実際のところどちらのほうが乾燥肌に効果があって優れた成分なのでしょうか。
今回はセラミドとヒアルロン酸の違いについて説明していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー