夏は乾燥肌になりやすい!?セラミド入りの保湿が乾燥肌を防ぐ決め手!

夏の乾燥肌を防ぐ方法

じっとり汗ばむ夏の季節に保湿ケアをする必要はないと感じている方も多いのではないでしょうか。
夏は冬に比べて肌のカサつきや肌トラブルを実感することは少ないですが、それでもまったく乾燥しないというわけではありません。
むしろ、夏の方が冬よりも目に見えない分肌トラブルが加速しやすく、気が付いたらとんでもない乾燥肌になっていた!なんてことも少なくないのです。
夏に相応しいスキンケアを方法を学んでトラブルゼロの肌を目指しましょう。

 

夏は乾燥肌になりやすい?

そもそも、なぜ汗をかきやすい夏に乾燥肌になってしまうのでしょうか?
主な原因は以下の通りです。

  • エアコンによる乾燥
    熱中症が社会問題にまで発展している影響から、今は夏になるとどこへ行ってもエアコンを四六時中つけっぱなしにしている状態です。
    オフィスにいれば朝から夕方までエアコンの風に当たることになりますし、帰宅する時は電車内、ビルの中、店舗内になど、あらゆる場所に空調が設置されているので、むしろエアコンのない場所を探す方が難しいくらいです。
    エアコンは現代社会の必需品ではありますが、やはり長時間エアコンの風に当たり続けていると肌が乾燥してしまい水分が蒸発してしまいます。
    それはジメッとした夏場も例外ではなく、むしろエアコンが必須となる夏だからこそ乾燥肌になりやすいと言えるのかもしれません。
  • 紫外線による乾燥
    夏は肌にとって致命傷ともいえる紫外線が昼夜問わず降り注ぎます。
    紫外線が肌に深刻なダメージを与えることは既に周知の事実ですが、これはシミやそばかすの原因となるだけではなく、軽い火傷のような症状を肌に与えることから紫外線を浴びた箇所の水分量が低下し乾燥してしまうことにも繋がります。
    つまり紫外線は乾燥肌の原因でもあるのです。
  • サボりがちなスキンケアによる乾燥
    汗をかいてベタベタするという理由からスキンケアをサボってしまう、簡単なケアで終わらせてしまうという方が非常に多いですが、結果的にこれをやってしまうと乾燥肌になって様々な肌トラブルを引き起こします。
    夏は乾燥肌になる原因がいくつも存在することは上記でご説明したとおりですが、これに加えてスキンケアを省略化してしまうとなると肌に与えるダメージは深刻なものになります。
    特に夏場は洗顔後に化粧水だけをつけて終わってしまうというパターンが多いですが、水分を肌内部に閉じ込めるためには油分が必要不可欠です。
    つまり、どれだけ化粧水をたっぷりつけたとしても油分で閉じ込める工程をパスしてしまうと後々その水分はすべて蒸発してしまうのです。
    ベタつきが気になる場合も油分を最後に塗ってきちんと水分を閉じ込めるようにしなければ完璧な保湿ケアにはなりませんのでご注意ください。

 

見過ごされがちな夏の乾燥肌

一見、夏の肌はうるおいに満ちているように思われますが、実際ところ角質層では乾燥しており夏特有の乾燥肌を引き起こしています。
そのため、適切なスキンケアをしなければどんどん乾燥肌が進行して深刻なダメージを与える結果となります。
また、肌表面にベタつきが見られる場合は汗がくるジメジメ感ではなく乾燥肌が影響を及ぼしているケースも考えられます。
乾燥肌になると表面のカサつきだけではなく、その乾燥を防ぐために余分な皮脂を大量に分泌して乾燥を防ごうとする自己防衛が働きます。
これによるベタつきは一見すると汗によるベタつきとそれほど違いがないため「自分は乾燥肌ではない」と思い込んでしまう方が多いのですが、実際には深刻な乾燥肌になっているパターンがほとんどです。
夏場は汗をかきやすいことも相まって肌をゴシゴシ洗顔したり、何度もシャワーを浴びて皮脂を洗い流したりする機会があります。
こういった様々な原因が合わさって夏の乾燥肌を見過ごしてしまっているのです。

 

乾燥肌を防ぐためのスキンケア

乾燥肌を防ぐためには、まずゴシゴシと顔を洗わないように注意すること。次に油分の含まれている乳液とクリームをしっかりつけて水分を閉じ込めるようにすること。
クリームはセラミド配合の化粧品にすれば角質層にうるおいを届けて乾燥肌を防いでくれる効果が期待できるので、積極的にセラミド入りの商品を使用することをおすすめします。
スペシャルケアは乾燥しやすい冬場だけのものと限定されがちですが、インナードライになりやすい夏場もセラミドや美容クリームなどの保湿ケアを取り入れることが求められます。
日頃から丁寧なケアを心掛けて乾燥に負けない強い肌を維持しましょう。


関連記事

セラミドの効果を高めるスキンケアのバランス

NMFと細胞間脂質の働きに偏りをなくす

乾燥や外部刺激から肌を守るために欠かすことのできないセラミド。それゆえにただセラミドをたっぷりとつけていればOK!という解釈をしてしまいがちですが、セラミドの効果を高めるためにはセラミドの補給率ばかりにこだわるのではなく、そのバランスにも目を向けていかなければなりません。

もっと詳しく

人体と化粧品、それぞれに含まれているセラミドの種類について

セラミドと言えば化粧品で使用されているイメージを持たれている方も多いと思いますが、実はこのセラミドと呼ばれる成分は人体の中にも存在している自然の成分です。またセラミドというのは単体ではなく複数の種類から成り立っているため、微妙にそれぞれ特徴が異なっていたりするのです。ではセラミドにはどんな種類があるのでしょうか。今回は肌のうるおいに無くてはならないセラミドの種類と特徴についてご説明していきましょう。

もっと詳しく

セラミドはアトピー性皮膚炎にも効果的?

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われている昨今、子供だけに限らず大人もアレルギーに苦しんでいます。

アレルギーの代表と言えばやはり花粉症ですが、皮膚の場合だとアトピー性皮膚炎が昔から一般的に知られている病気ではないでしょうか。

もっと詳しく

セラミドサプリメントと化粧品ではどちらの方が効果的?

セラミドを補うためには化粧品を使って外側から取り入れる、というイメージばかりを思い浮かべている方もいらっしゃると思いますが、ここ最近ではセラミドのサプリメントも続々と開発されているので、肌に直接塗るだけじゃなく飲んで内側から補うというアプローチも可能となってきています。
しかしサプリメントでセラミドを摂取すると言っても本当に効果が期待できるのか、セラミドが必要な角質層までしっかりと浸透していくのか、少し疑問が残る点もありますよね。
そこで今回はサプリメントを使用したセラミドの摂取に注目して、その効果について詳しく解説していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー