目元の乾燥ケアに最適な成分とは

目元の適切なケア方法について

目の周辺は他のパーツと比べて皮膚が薄いため、乾燥や外部刺激にも敏感に反応しやすいという性質があります。
刺激を受けるということはそれだけダメージを肌に与えてしまうということですから、当然のことながら様々なトラブルが発生する確率も高くなります。
では目の周辺に相応しい肌ケアにはどんなものがあるのか、以下に詳しく解説していきたいと思います。

 

目元に最適な2種類の成分

目元の肌荒れに限定して症状を緩和させたい場合は、基本的に肌全体のスキンケアと同じ要領になります。
肌が荒れるということはすなわち肌の水分量が低下していることを意味しています。
水分量が低下してしまうと当然のことながらバリア機能が低下し、外部刺激を敏感に受けやすくなるので、まずはバリア機能を修復することを目的としましょう。
目元のケアで代表的な成分は以下の2種類となります。

  • ワセリン
  • セラミド

ワセリンとは、原油を原料として精製された保湿成分のことを言います。ワセリンの主な特徴は肌表面のバリア機能に留まることによって外部刺激の原因であるホコリ、アレルギー物質、紫外線などから肌を守るという点にありますが、セラミドのように角質層に浸透してうるおいをキープするわけではなく、ただ表面に留まりながらあとは人間が持つ治癒力の手助けをするというのがワセリンの主な役割です。
これと比較してセラミドの場合は角質層にまで浸透し、細胞間の隙間を埋めながらバリア機能を高めるというのが主な役割です。
セラミドは水分量が非常に多いことも特徴のひとつなので、角質層に浸透することによって肌にうるおいを与え、きめ細やかな状態を維持する効果も期待できます。
上記2種類の成分が配合されている化粧品や美容液はいくつもありますし、各社それぞれに商品の特徴が異なってくるので、まずはいろいろな商品を試して肌に合うものを見つけるようにするのがベストです。
ワセリンとセラミドの両方を試しても目元の肌荒れが改善されないという場合は皮膚科に相談をして保湿剤をもらうことをおすすめします。

 

症状別にみる正しいケア対策

続いて目元の症状別に効果的とされるケアについてご紹介していきましょう。
先ほどもご説明したとおり、皮膚が薄い目元はただでさえ乾燥にとても弱い部分です。それに加えて外からの紫外線や環境による変化から強い刺激を与えてさらに乾燥を悪化させてしまいがちです。
目元が乾燥すると気付かない間に小じわができることもあるので乾燥が気になりだしたら早めに保湿をすることがポイントです。
目元の乾燥対策として有効なのはやはりセラミド配合の化粧品です。こちらは目元用に開発された商品にこだわらずとも、肌全体に使用できるコスメであれば目元に直接塗ってケアをしても十分に効果を得られるでしょう。
次に、すでに目元に小じわができてしまっている場合の対策ですが、こちらもセラミドがもっとも有効であることは間違いありません。しかしセラミドのほかにも繊維芽細胞に直接働きかけてコラーゲンやエラスチンを生成するレチノール誘導体という成分も小じわには効果的です。
レチノール誘導体とはビタミンAの一種を示すもので、別名「パルミチン酸レチノール」や「酢酸レチノール」などとも呼ばれています。

さて、最後に目の下のくまのケア方法についてですが、くまの厄介なところは隠そうとファンデーションをのせればのせるほどその部分が目立ってしまい不自然に見えるということです。
黒っぽいくまを引き起こす原因は実はたるみであり、たるみを改善すればくまも自然と緩和されることに繋がります。
たるみ除去に有効なのは先ほどもご紹介したレチノール誘導体です。レチノール誘導体はコラーゲンやエラスチンを生成してたるみを解消してくれる効果があるのです。
しかしレチノール誘導体にはデメリットも存在します。それは肌に対して強い刺激が加わるということ。
肌が弱い人が使用すれば赤く腫れあがったりかゆみを生じたりすることがあるので、使用する前は必ずサンプルでパッチテストをしてから商品購入を検討するようにしましょう。


関連記事

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

セラミドとは?

お肌の保湿の40%を担う「セラミド」

セラミドは人間の肌に元々含まれる成分で、 保湿にはかかせない成分として話題になっています。お肌の水分の80%以上は細胞間脂質という成分でキープされています。

もっと詳しく

アトピー性皮膚炎を悪化させない秘訣は保湿ではなくセラミドにある?

セラミドを補う形で保湿する

春になれば花粉、夏になれば強い紫外線、秋冬は乾燥というように、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は四季折々の中に潜んでいます。

もっと詳しく

セラミドを使って大人ニキビを改善する方法

セラミドはニキビケアに有効である

思春期に女性を悩ませるニキビは一定の時期を過ぎると落ち着きを見せるようになりますが、大人になってから増えるニキビの場合はストレスや生活習慣が影響してホルモンバランスを乱していることが大きな理由となっています。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー