人体と化粧品、それぞれに含まれているセラミドの種類について

セラミドの種類について

 

セラミドと言えば化粧品で使用されているイメージを持たれている方も多いと思いますが、実はこのセラミドと呼ばれる成分は人体の中にも存在している自然の成分です。

またセラミドというのは単体ではなく複数の種類から成り立っているため、微妙にそれぞれ特徴が異なっていたりするのです。

ではセラミドにはどんな種類があるのでしょうか。

今回は肌のうるおいに無くてはならないセラミドの種類と特徴についてご説明していきましょう。

 

人体に含まれているセラミドの種類

 

まずセラミドの種類ですが、大きく5つのパターンに分けることができます。

ではその種類を見ていきましょう。

 

・セラミド1 水分を保持する機能に加えて外部からの刺激に反応し肌をしっかりと守る機能も兼ね備えている

・セラミド2 水分を保持する機能が非常に強く、肌の水分バランスをうまく保てる

・セラミド3 水分保持機能とともにしわを少なくする機能を兼ね備えている

・セラミド4 角質層にあるバリア機能を作り、その機能を維持する役割を持つ

・セラミド5 水分保持機能とともにターンオーバーを促進させる

 

以上がセラミドの種類となります。

基本的には水分保持機能がセラミドの大きな役割であると言えると思いますが、少しずつ特化している機能が変化している様子が上記の種類別からでもお分かりいただけるかと思います。

 

セラミドのそれぞれの特徴

 

それぞれに大きな役割を果たしているセラミドですが、最も人体に必要なセラミドの種類は1、2、3だと言われています。

セラミド1に関しては特にバリア機能を維持する上で必要不可欠な成分となっており、2、3のセラミドに関しては保湿効果が抜群に優れている成分です。

中でも人間の身体の中により多く含まているのはセラミド2となっており、その数字はセラミド全体の約21%にも及ぶとされています。

逆に3、5のセラミドは少しずつ減少していく性質を持っていますが、このセラミドが不足すると肌がちょっとしたことで過敏に反応したりトラブルが発生することがあります。

その代表例が乾燥肌、角化症、アトピーなどです。

 

化粧品に使用されているセラミドの種類

 

人体に含まれているセラミドの種類は上記から何となくイメージできたかと思いますが、それでは化粧品に含まれているセラミドにはどんな種類があるのでしょうか。

化粧品に含まれるセラミドの種類は大きく4つのパターンに分かれています。

 

・天然セラミド

・ヒト型セラミド

・動物性セラミド

・合成セラミド

 

となっています。

ではそれぞれの特徴について説明していきましょう。

 

天然セラミド

 

天然セラミドとは動物の脳や脊髄から抽出されたセラミドのことを指します。

動物に含まれているセラミドをそのまま使用しているため、人間の肌とも相性がよく保湿力の面でも高い効果を発揮するのが天然セラミドの特徴です。

パッケージ表記では天然セラミドではなく「ビオセラミド」「セレブロシド」「ウマスフィンゴ脂質」といった名称で表示されていることが多いです。

 

ヒト型セラミド

 

ヒト型セラミドとは酵母を原型として生産している人工的なセラミドのこと。

人体に含まれているセラミドとほぼ同じ成分を化学的に作りだしているため、人体への影響もなく保湿機能や浸透力にも優れている特徴があります。

パッケージの表示には「セラミド1」「セラミド2」という具合にセラミドの種類別で表記されていることが多いので、こちらもヒト型セラミドという名称でそのまま表示されていることはあまりないと言えます。

またヒト型セラミドの場合は人体に不足しがちなセラミド2、セラミド3を積極的に生産しているところも大きな特徴と言えるでしょう。

 

植物性セラミド

 

植物性セラミドとは米ぬかや小麦などの自然の植物から抽出されたセラミドのことを指します。

最近ではこんにゃくを使用して大量生産できることも新たに分かってきました。

植物性セラミドの特徴は安価な値段でセラミドをたくさん作りだせること、また植物性由来なのでアレルギーなども起こりにくい点が挙げられます。

 

合成セラミド

 

合成セラミドは石油などを原料として作り出されたセラミドのことを指します。

石油を原料としているため安価で大量に生産できることが最大の利点ですが、天然セラミドやヒト型セラミドと構造は酷似していても中身はまったく異なったものなので別名疑似セラミドとも呼ばれています。

これらが主に化粧品に使用されているセラミドの種類となります。

基本的には天然セラミドとヒト型セラミドが最も人体に含まれているセラミドに近い存在となっているため、より高い保湿力を求めるのであればこの2種類のセラミドが配合されている化粧品を選ばれるといいでしょう。


関連記事

加齢とともに減少していくセラミドを減らさないためのコツ

加齢とともに減少していくセラミドを残すために

セラミドは肌内部にある細胞と細胞のすき間を埋めてバリア機能を高めるという働きがあるため肌年齢をキープするためには欠かせない成分となっています。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに少しずつ減少を重ねていき、これが原因となって乾燥肌や老化に繋がっていくこともあるので肌のうるおいを保持するためにはやはり体内で生成されるセラミドだけに頼るのではなく外部からも積極的に取り入れることが求められます。

もっと詳しく

セラミドを減少させる3つの理由

加齢・過剰な洗顔・体の冷えについて

肌のうるおい保持に欠かせない美容成分といえばコラーゲンやヒアルロン酸などが挙げられますが、このどれもが年齢を重ねるごとに体内から減少してしまうことは周知の事実です。

もっと詳しく

セラミドを使って大人ニキビを改善する方法

セラミドはニキビケアに有効である

思春期に女性を悩ませるニキビは一定の時期を過ぎると落ち着きを見せるようになりますが、大人になってから増えるニキビの場合はストレスや生活習慣が影響してホルモンバランスを乱していることが大きな理由となっています。

もっと詳しく

セラミドとは?

お肌の保湿の40%を担う「セラミド」

セラミドは人間の肌に元々含まれる成分で、 保湿にはかかせない成分として話題になっています。お肌の水分の80%以上は細胞間脂質という成分でキープされています。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー