セラミドの種類と違い

ここでは、セラミドの種類について説明しています。

セラミドには、非ヒト型セラミドヒト型セラミドの大きく2つの種類があります。

さらに、
非ヒト型セラミドには動物セラミドと植物セラミドの2種類が、
ヒト型セラミドには天然型ヒト型(合成セラミド)と天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)の2種類があります。

全体としては4つの種類があります。

それぞれ、詳しく説明します。

非ヒト型セラミド

動物セラミド

保湿剤に成分として使われる動物由来のセラミドで、馬油(ウマスフィンゴ脂質)が代表的なものです。「本来の姿のままのセラミドだから、効果があるだろう」とい言われていますが、実際には人の角質層には無い成分のため、効果は疑わしいです。安全性も問題で、実際牛由来は中止されています。原価も高いです。

動物セラミドについもっと詳しく

植物セラミド

コーン、コメ、こんにゃくなどを由来とし、グルコシルセラミドが主成分です。グルコシルセラミドは、セラミドの類似細胞間脂質でグリコース(ブドウ糖)にセラミドが結合したスフィンゴ糖脂質の一種です。保湿性や美白性が謳われますが、動物由来と同様、人の角質層には無い成分のため、効果は疑わしいです。

ヒト型セラミド

天然型ヒト型(合成セラミド)

植物セラミドから糖を切り離して化学合成したセラミドです。もともとヒトの肌のセラミドは342種類で膜構造(分子)からなりますが、そのうちセラミド2、3、あるいは6など、1あるいは2種類の分子で作られています。保湿機能は確認できるものの、純度が5%程度で肌への浸透性には疑問が残ります。

天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)

自然物から抽出精製した、ヒト角質に存在するヒト型の遊離(フリー)セラミドです。分子としては、セラミド3、6Ⅱ、7をメインに30種類の膜構造(分子)が含まれ、かつ純度が90%。経皮水分蒸散比較試験では、合成セラミド、非ヒト型(植物由来)に比較して、圧倒的なバリア機能改善効果が確認できています。

 

各種セラミドのバリア機能比較

下図は、バリア機能改善効果比較(水分蒸散値の減少率)の棒グラフです。
天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)が圧倒的にバリア機能改善効果が高いことが分かります。


関連記事

セラミドは髪にもうるおいを与えるって本当?

セラミドを活用したヘアケアについて

肌のうるおい保持に欠かすことのできないセラミド。セラミドと言えば肌のバリア機能を高めたり、保湿を底上げする目的で使用されるイメージが強いですが、実はこのセラミドが髪のうるおいにも一役買っていることをご存知でしょうか?

もっと詳しく

人体と化粧品、それぞれに含まれているセラミドの種類について

セラミドと言えば化粧品で使用されているイメージを持たれている方も多いと思いますが、実はこのセラミドと呼ばれる成分は人体の中にも存在している自然の成分です。またセラミドというのは単体ではなく複数の種類から成り立っているため、微妙にそれぞれ特徴が異なっていたりするのです。ではセラミドにはどんな種類があるのでしょうか。今回は肌のうるおいに無くてはならないセラミドの種類と特徴についてご説明していきましょう。

もっと詳しく

セラミドの歴史について

セラミドはまだ発展途上である

今となってはセラミドを使用した化粧品も当たり前のように販売されていますが、こういった化粧品の数々がもとから存在していたわけではありません。

もっと詳しく

セラミドとヒアルロン酸の違い

乾燥肌に効果的とされる代表的な成分といえばセラミドとヒアルロン酸ですが、この2種類の成分、実際のところどんな違いがあるのかあまりよくわからないという方は意外に多いのではないでしょうか?
どちらも化粧品に含まれる成分としては非常によく耳にする言葉ではありますが、実際のところどちらのほうが乾燥肌に効果があって優れた成分なのでしょうか。
今回はセラミドとヒアルロン酸の違いについて説明していきたいと思います。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー