セラミドの種類と違い

ここでは、セラミドの種類について説明しています。

セラミドには、非ヒト型セラミドヒト型セラミドの大きく2つの種類があります。

さらに、
非ヒト型セラミドには動物セラミドと植物セラミドの2種類が、
ヒト型セラミドには天然型ヒト型(合成セラミド)と天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)の2種類があります。

全体としては4つの種類があります。

それぞれ、詳しく説明します。

非ヒト型セラミド

動物セラミド

保湿剤に成分として使われる動物由来のセラミドで、馬油(ウマスフィンゴ脂質)が代表的なものです。「本来の姿のままのセラミドだから、効果があるだろう」とい言われていますが、実際には人の角質層には無い成分のため、効果は疑わしいです。安全性も問題で、実際牛由来は中止されています。原価も高いです。

動物セラミドについもっと詳しく

植物セラミド

コーン、コメ、こんにゃくなどを由来とし、グルコシルセラミドが主成分です。グルコシルセラミドは、セラミドの類似細胞間脂質でグリコース(ブドウ糖)にセラミドが結合したスフィンゴ糖脂質の一種です。保湿性や美白性が謳われますが、動物由来と同様、人の角質層には無い成分のため、効果は疑わしいです。

ヒト型セラミド

天然型ヒト型(合成セラミド)

植物セラミドから糖を切り離して化学合成したセラミドです。もともとヒトの肌のセラミドは342種類で膜構造(分子)からなりますが、そのうちセラミド2、3、あるいは6など、1あるいは2種類の分子で作られています。保湿機能は確認できるものの、純度が5%程度で肌への浸透性には疑問が残ります。

天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)

自然物から抽出精製した、ヒト角質に存在するヒト型の遊離(フリー)セラミドです。分子としては、セラミド3、6Ⅱ、7をメインに30種類の膜構造(分子)が含まれ、かつ純度が90%。経皮水分蒸散比較試験では、合成セラミド、非ヒト型(植物由来)に比較して、圧倒的なバリア機能改善効果が確認できています。

 

各種セラミドのバリア機能比較

下図は、バリア機能改善効果比較(水分蒸散値の減少率)の棒グラフです。
天然ヒト型セラミド(ジェヌイン特許)が圧倒的にバリア機能改善効果が高いことが分かります。


関連記事

セラミドとは?

お肌の保湿の40%を担う「セラミド」

セラミドは人間の肌に元々含まれる成分で、 保湿にはかかせない成分として話題になっています。お肌の水分の80%以上は細胞間脂質という成分でキープされています。

もっと詳しく

アトピー性皮膚炎を悪化させない秘訣は保湿ではなくセラミドにある?

セラミドを補う形で保湿する

春になれば花粉、夏になれば強い紫外線、秋冬は乾燥というように、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は四季折々の中に潜んでいます。

もっと詳しく

セラミドを皮膚科で処方してもらうことは可能?

皮膚科で処方されるのは極めて少ない

市販でよく見かけるセラミド配合の化粧品よりも皮膚科に行ってセラミド入りの薬をもらった方が効果的なのでは?という疑問を持っていらっしゃる方もおられますが、結論から言うとセラミドは保険適応外の成分となるので皮膚科に行っても処方されるケースは極めて少ないです。

もっと詳しく

セラミドの効果を高めるスキンケアのバランス

NMFと細胞間脂質の働きに偏りをなくす

乾燥や外部刺激から肌を守るために欠かすことのできないセラミド。それゆえにただセラミドをたっぷりとつけていればOK!という解釈をしてしまいがちですが、セラミドの効果を高めるためにはセラミドの補給率ばかりにこだわるのではなく、そのバランスにも目を向けていかなければなりません。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー