セラミド配合化粧品の正しい選び方と使い方

セラミド配合化粧品の選び方を理解しよう

セラミドの高い効果が注目されるようになってから、セラミド配合の化粧品もいろいろと展開されつつあります。その中身も目まぐるしい日々進化を遂げているために消費者からすれば一体どの商品が本当にいいものなのか分からない!といった疑問の声も多くなっています。ではそんな時、何を基準にしてセラミド配合の商品を選べばいいのでしょうか。
今回はセラミド入り化粧水・美容液の選び方から正しい使い方までをご紹介していきたいと思います。

 

セラミド配合化粧水の選び方について

セラミド配合の化粧水は保湿力に優れているという点が何よりの特徴となってくるわけですが、残念ながらすべての化粧水に高い保湿力が備わっているのではなく、やはりその差は商品によってバラつきがあります。
そこで化粧水を選ぶ基準となってくるのが「如何に高い保湿機能を兼ね備えているか」というポイントです。
とはいえ、試していない段階で保湿機能の点を判断するのは極めて難しい問題ですよね。ですがセラミドの種類に着目すれば概ねこの問題はクリアできると思われます。
セラミドにはいくつかの種類があり、その中でも特に保湿性に優れているのは「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」と呼ばれる種類になります。この人型セラミドが使用されている化粧水であればまず間違いなく高い保湿性を維持できると考えていいでしょう。
ヒト型セラミドは疑似セラミドや植物性セラミドと呼ばれるほかのセラミドよりもはるかに高い保湿力を期待できる成分です。
というのも、人型セラミドは人体の中にもともと備わっているセラミド成分とほぼ同様の構造を持っているため、ほかの合成セラミドの比べて自然になじみやすく人体への影響も少ないと言われています。
この人型セラミドのほかにもうひとつ注目してほしいのが「ナノセラミド」と呼ばれる新しい構造のセラミドです。
ナノセラミドとは通常のセラミド成分をナノ化することによって角質層のさらに奥深くまで浸透することが可能だといわれています。
ナノセラミドはメーカーそれぞれに独自開発されている成分なので、いろいろな商品を試して比較検討するのもおすすめです。

 

化粧水の正しい使い方

セラミド化粧水はとにかくセラミドを肌内部に浸透させることが重要となります。
それでは正しい手順を以下にご紹介していきましょう。

  1. 手のひらに10円玉くらいの化粧水を落としたらそれをまんべんなく広げる
  2. 化粧水を肌のなじませ手のひらで頬を3秒くらい包み込む
  3. 目頭から鼻筋にかけて指先を当ててまた3秒間なじませる
  4. 最後に顎とおでこにも化粧水をつけて3秒間押さえる
  5. 化粧水をなじませる時擦らないことがポイント

以上の手順によってしっかりと化粧水が肌内部に浸透していきます。乾燥しやすい時期は化粧水を2度付けして保湿力をアップさせてもいいでしょう。

 

セラミド配合美容液の選び方について

続いてセラミド配合入り美容液の選び方と使い方についてご紹介します。
美容液の場合は化粧水と違って様々なテクスチャーがあります。
このテクスチャーによって効果や持続性が異なってくるため、好みよりも保湿力という観点から相応しい商品を選ぶようにしていきましょう。
セラミドには複数の種類があることは先ほどもご説明したとおりですが、美容液の場合も化粧水同様に「ヒト型セラミド」が配合されている商品を選ばれるのがもっともおすすめです。
これに合わせてナノセラミドも高い効果を発揮するので、成分としては上記2種類を軸に絞り込んでいくのがいいでしょう。
さて次に肝心のテクスチャーの点ですが、美容液のテクスチャーには化粧水のようなローションタイプからクリーム状やゲル状など様々です。
保湿力という点を何よりも重視されるのであればクリームタイプを選ばれた方が持続性の面においても効果的です。
ローションタイプは朝メイクをする前に使用して、就寝前にクリームタイプをつけるという形に使い分けをされている方もいらっしゃいます。

 

美容液の正しい使い方

セラミド配合美容液の正しいケア方法を理解しておくとさらにうるおいの効果も増していきます。
使い方に関しては以下手順を参考にしていただけれはと思います。

  1. 化粧水をつけた後、美容液を適量手のひらにとって肌全体になじませていきます
  2. 肌になじませる時、内側から外側に美容液を流すようなイメージで手のひら全体を使って広げましょう
  3. 最後に30秒ほど手のひらで頬を包み込みます

美容液を使う際も手のひらで肌を擦らないよう、優しく丁寧になじませていくことがポイントです。
正しい選び方と使い方をマスターしていればより保湿効果の高いケアを行うことができるので、ぜひご参考にしていただければと思います。


関連記事

セラミド配合と一言でいってもセラミドには複数の種類があります。

化粧品を購入する際はまずセラミドの種類をしっかりと見極めることからはじめましょう。基本的に化粧品には人間が持つセラミドと同じ性質で作られている人型セラミドと呼ばれるものが含まれていることが多いんですが、中には疑似セラミドや植物性セラミドが含まれている場合もあるので、こういった種類のセラミドが含まれている化粧品はされるようにしたほうが無難です。

どの種類の「セラミド」が配合されているかが大切です。

圧倒的な保湿力で話題の「天然ヒト型セラミド」。
ただよくわからず「セラミド」が入っているというだけで使用していませんか?
セラミドの中でも「天然ヒト型セラミド」は他のセラミドとは違うのです!

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー