杜氏の美肌伝説は本当だった

杜氏(とうじ)とは?

杜氏(とうじ)とは、お酒を造る職人さんのことを言います。
お酒作りの際、麹(こうじ)を混ぜるのは杜氏の仕事でした。
今ではだいぶオートメーション化されてしまっているところもあるようですが、昔は杜氏の手によって行われていました。
その杜氏の手がつるっつるで美しかったのはよく知られていることです。
なんと、そのお酒の製造過程に「天然ヒト型セラミド」が存在することが分かったのです。

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説
「天然ヒト型セラミド」が理由だった

関連記事

世界で初めて発見された希少成分

焼酎などの製造過程から、世界で初めて「天然ヒト型セラミド」を発見

天然セラミドは、構造解析の結果、「ヒト角質セラミドとほぼ同等の構造を有する天然ヒト型セラミド」であることを明らかにしました。

もっと詳しく

圧倒的な保湿力

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力を持つ「天然ヒト型セラミド」

お肌の水分の80%以上は細胞間脂質という成分でキープされています。
その細胞間脂質の50%を占める成分がセラミドです。
つまり、セラミドがお肌の保湿の40%を担っているのです。

もっと詳しく

セラミドの中でも、圧倒的な保湿力の「天然ヒト型セラミド」は、「合成セラミド」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。

セラミド成分についてもっと詳しく

古来より言い伝えのある、お酒を造る「杜氏」の美肌伝説は有名です。 年齢に負けない美肌は、「天然ヒト型セラミド」が理由だった!

杜氏(とうじ)の美肌伝説とは!?

焼酎などの製造過程から、世界で初めてヒトの角質にあるセラミドとほぼ同等の構造を有する「天然ヒト型セラミド」を発見しました!

「天然ヒト型セラミド」発見ストーリー